10歳の時に父親が倒れ極貧生活に突入。

 上司からは毎日深夜まで怒鳴られ、人権を否定され続ける。

 1日14時間働いてるにも関わらず、給料はたったの月17万で生命維持レベルの生活。

 ノルマを達成できなければ問答無用で休日出勤。

 「俺は一体何のために生きているんだろう?こんな人生なら死んだほうがマシかな・・・」と精神を病む。

 

そんなうつ病寸前で自殺まで考えていた男が、ある億万長者と出会い人生が180度変わった話。

 

 

 

お手持ちのスマートフォンにダウンロードして

今すぐ読み進めることができます。

 

 

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー